tenant koubou

成長するお店のの懸け橋になる

テナント工房は
物件探し・デザイン設計・施工・アフターフォローまで
開業や改装をトータルサポートするお店づくりのパートナーです。

滋賀・京都・大阪エリアで店舗内装のデザインや設計・改装ならテナント工房

私たちについてConcept

  • 開業者は必ずを持っています

    気付いていますか?
    それは単なる「開店」ではない事を
    「開店」の先 そのお店を使って生まれる
    お客様の 喜び・楽しさ・癒し・寛ぎ・活力…

    開業者の誰もが 
    その存在価値と未来を想像しているはずです

  • そう、その想いを
    どうか私たちに聴かせてください

    その想いがあるから
    お店の雰囲気が決まります
    お店の動線が決まります

    そして 未来を想像しながら工事をします

  • いつか 開業者様がその場所で
    ご自身の想いをお客様に提供された時にこそ
    共に その場所で 喜ばせてください
    テナント工房がお客様のを叶えます

施工事例Works

  • 飲食店/居酒屋/ダイニングバー

    そば道 裏なんば店 様

    大阪市中央区
  • 飲食店/カフェ

    ROYAL HAWAIIAN CAFE THE PINK様

    滋賀県守山市
  • 飲食店/焼肉/肉料理

    肉匠 犇邸 様

    京都市上京区
  • 飲食店/その他

    近江ちゃんぽん亭 御殿浜店 様

    滋賀県大津市
  • 飲食店/焼肉/肉料理

    カメチク横丁 様

    滋賀県近江八幡市
  • 理美容/サロン/ヘアサロン

    LiLy.hair 様

    滋賀県近江八幡市
  • 飲食店/カフェ/理美容/サロン/ヘアサロン

    cafe and salon 三本葦 様

    滋賀県米原市
  • 飲食店/カフェ

    Bear’s Cafe 様

    大阪府茨木市

お客様の声Voice

  • Episode.27 LiLy hair 様

    滋賀県近江八幡市にオープンした美容室「LiLy hair」 様。これからの将来を見据えて、この度ご夫婦で美容室をオープンされることになりました。開業のキッカケや弊社を選んでいただいた理由、今後の展望などを詳しく伺いました。 ――開業のきっかけ 旦那様:もともとあまり独立心がそんなにないタイプの人間だったんですけど、自分の家族であったり親の将来を考えたときに、開業を考えた次第です。 設計Y(以下Y):不安とかありました? 旦那様:いや、もう見てるところが前だったので、もうやるしかないしっていうことだったので。でも本当にそれもお客様のおかげですよね。それに尽きる感じですね。 Y:迷いとか全然感じられなかったですもんね。 営業H(以下H):お客様のためっていう気持ちも強かったですもんね。 旦那様:そうですね。走り出したらもうあたふた言ってられないので。 取材はLiLy hair様におじゃましました!(左から奥様、旦那様、弊社設計Y、弊社営業H) ――問い合わせのキッカケと決めた理由 旦那様:右も左も分からない状態だったのですが、優好美容室のオーナーさん(※)が「(テナント工房は)本当に一生懸命やってくれはるんやわ」っていうのを開業されたときから聞いていて。それがきっかけで、お問い合わせさせていただきました。(※)Episode.4 優好美容室のオーナー様 Y:ありがとうございます。 ――開業まで不安だったこと 旦那様:何かあった? 奥様:一番最初に、夫が勤めてた美容室をもう辞める日付をパーンって決めてきはったので、わーみたいな。今までないタイプの行動やったんで、あれはびっくりしたのは覚えてる。 H:えー!今までは慎重に相談とか重ねてきはったけど、今回は… 旦那様:そうですね。オーナーに事前にお話しして、いつかは決めてないんですけど、だいぶ長いことお世話になったので、早めに辞めることをお伝えしようと思って。いつまで続けるかっていうのはまた考えるわっていうお話しで、それが後日ご返答いただいたときに、半年後の3月までにしようかとなって、それで日が決まるという感じですね。 奥様:あとは、物件がいいとこ見つかるかっていう不安が結構大きかったですよね。 H:そうですよね。 奥様:結果はここで、すごくよかったんですけど、途中で結構、当たるとこ当たるとこ不安っていうか、駐車場の問題だったり家賃だったりとか。 Y:難しいですよね。 H:もともと近江八幡の駅のほうのご希望でしたもんね。 旦那様:そうですね。あと、開業の流れっていうのが分かってなかったので、融資であったりとか、全く未知の世界だったので、自分が思っていた順番と違うんだなと。 まずは物件決めて内装費用でいくらかかるのかを出した上で、融資の申し込みをするっていうのを聞いたときに、そういう流れなんだと知りました。そうなると時間も差し迫っていたので、そういったときに内装業者さんとの連携っていうんですかね、内装の見積もりを出してもらうために、前任の担当者さんに一緒についてきていただくことって可能ですか?って聞くのも、優好美容室のオーナーさん経緯っていうのもあってお伺いもしやすかった。いいですよって言ってもらえて、そのときに見積もりをある程度、出していただけたっていうのが、自分としてはあそこが一番、結構よかった。 内装業者さんっていうのも僕も今回開業するに当たって、初めてセッションする形だったので、不動産業者さんもそうですし、いろんな業者さんに対してコミュニケーションをとれるのかっていうのが不安だったところはありましたね。それが本当に関わってくださった皆さん、不動産屋さんもテナント工房さんも銀行さんも、皆さん親身になっていただいて、進めてくださったのが非常によかったなって思いますね。 Y・H:ありがとうございます。 旦那様:いえ、こちらこそありがとうございます。 Y:僕らも、ものすごく助かったというか。 H:なんでもめっちゃ早く連絡返してくださったから、連携とらせてもらえたんで。 旦那様:関わってくださったことの感謝もあるし、お客さんに対してもあったんで、そういった方々の気持ちが原動力というかもありましたしね。 H:お客さんへの思いをめっちゃ感じています。 旦那様:でも本当に自分みたいな人間は、多分、皆さんがいてくださったから今があるだけなんで。それしかないですね、本当になんにもない人間やったんで。 ――担当者の印象 旦那様:12月の末に前任の担当者さんから急に引き継いでいただくっていう形になったことで、相当お二人にも負担をかけていたところがあったと思うんですけど、なんせそのときから、できるだけ汲み取ろうとしてくださってる気持ちが、もうそのときから伝わってきていました。さっき言ってくださっていましたけど、僕らも投げ掛けた問い合わせに対しての返答であったりとかも、多分ほんまにお忙しかったと思うんですけど、そんな中ですぐ返してくださって、ほんまに一生懸命してくださってるっていう印象がありますね。だから、自分よりも一回りも二回りも若い方々やのに、その姿勢を見せてもらっているとそれがまた刺激になって、ほんまに勉強させてもらった感じはめっちゃあるので、ほんますごいなって思いましたね。 Y:その言葉めちゃくちゃ嬉しかったです。 旦那様:いや、でも、これはほんまに思っていることで。思っていますよね? 奥様:思っています! 旦那様:前任の担当者さんも仕事がすごい好きな方なんやなってのが、ひしひしと伝わってきて。たまに夜に、ちょっと今お時間いただいていいですかって言ったときなんかでも、時間作ってくださったりとか。お仕事に向き合ってはる姿勢とか、そういったのがほんまに勉強になるし。それがまたYさんとHさんの二人にもいろいろ分配とかもあったかと思うんですよ。それを想像するだけでも、相当なもんやったと思うんですけど、そんな中でよく、細かい質問したりしても、めちゃめちゃこの入りがソフトなんですよね。マイナスの表情を出さない。自分たちも接客業なんですけど、自分の中でも課題としてるところはあるので、ほんまにそれはすごいなって思いましたね。本人達はそんなこと何も思わず、普通にやっていただけなのかもしれないですけど。だから打ち合わせなんだけど、打ち合わせしてるときにも、僕らもアップデートさせてもらっているというか。だから本当にすごいなって思いました。 奥様:実際、お客さんからも内装とかもめっちゃ好評で。それも喜んでいただける中の一つとして、私らもお任せしてよかったなと思う。ここまで、内装、タイトなスケジュールの中でやってくれたことに、ありがたかったなって思います。 Y:僕はめちゃくちゃ勉強になったので。 H:初めてお会いさせてもらったときに、弊社の都合でご迷惑をおかけしたのに、なんでそんな優しい言葉や表情で返答してもらえるんやろって思っていて。こんな優しい方々なんてめったにいないって思いました。その後も、ずっと優しく接してくださっていた。 奥様:そんなことしたっけ? Y:それは社内でも話していて。最初の時にいた別の設計も「あんな優しい方なかなかいない」って。 旦那様:自分も実際開業できるって思えてなかったんで。そんな開業の準備をしてきてたわけでもなかったから、びくびくしながら行くけど、本当にいろんな業者の方々が親身になって聞いてくださって。内装のことでも、さっき言ってたみたいに、ほんまに汲み取ろうっていう姿勢とか、言葉の掛け方とかそういったのがすごくありがたかったので、ほんまにそれに尽きますよね、本当に。 ――良かった提案 奥様:いろいろあるけど。Hさんはほんまに細かいとこを「これどうですか」とか「これで出来てなかったんで、けどこっちの方でもよかったら」とか、そういういろんな角度からの提案に、助けてもらったっていうのはあります。 H:ありがとうございます。そんな風に見てくださってるのが嬉しい…。 Y:クロスもあったよな? H:ありましたね。打ち合わせのカフェで選んで見てたときは良い感じだったのに、帰って見てみたら、何か色合いのイメージ違うくて、なんで?ってなりました。 旦那様:そういうところですよね。「言ってはったし」っていうので、そのままスルーで終わらすことができるけど、それを一回確認しようって思うのが、節々にそういう提案で、見せてくださったり。Yさんもいろんなレイアウトであったりとか、「この木材にしたら?」とか。僕らは木材については分かんないけど、現状から理想に近づけるんやったら、こういうような提案でとか、いろんな選択肢を見せてくださって。メニューを見せていただけるみたいなところですかね。それも近く感じさせていただけるし、逆に聞いてみたくなる提案をしてくださっていた気がするので。だから、そのときそのときの向き合ったものに対して、いろいろしてくださっていたのは、全部ですかね。そこから選ばせていただけていたっていうのは。 H:あとはお客様の決断が早い! Y:あー、それは、めちゃくちゃ早い! 旦那様:早よせなって!(笑) Y:だいぶ、早いほうやったと思う。 H:うん、早いです。意見も一致しはるのも、多分あると思うんですけど。 奥様:こうしたい、ああしたいっていうことを言っても、「それ高くなりますよ」とかマイナスでいったん受け止めることとか、多分あると思うんですけど、そうではなくて、ひとまず一旦受けてもらって、このパターンとこのパターンがありますとか、そこから考えてくださって。マイナスで受け止めて渋い顔されると、ああ、いらんこと言うてもうたかなとか、次ちょっと言いにくいなってなるんですけど、そんなんとかも全部、心よく受けてくださったんで、よかった提案1個じゃなくて、全体的によかったかなって。 Y:そこまで言ってもらえて…生きててよかったです! 旦那様:出会えてよかったです! Y:泣きそう! 奥様:私も出会えてよかったです。 Y:キュンってしました、久しぶりに。 H:うれし過ぎる。 ――うまくいかなかったこと 奥様:うまくいかなかったことっていうのが、あんまりない。ちょっと不安に思ってたことがあったら、ちゃんとすぐ対応してくださるので。 旦那様:ほんとにそれですね。だから、うまくいかなかったって言っても、質問を投げ掛けたら、それに対して返事していただけるので、どうなんだろっていうのは、なかった感じですかね。 ――印象に残っているエピソード Y:僕、あります! H:私もあります! 旦那様:あー、あれですか(笑) Y:あの大事件!(笑) 旦那様:一番初め工事が始まって。配管業者さんが工事してくださってて、埋めてモルタルかなんかしてくださってたんですよね。 Y:カフェで打ち合わせさせてもらって、ちょっと現場のほうを見に行きましょうかって行ったときに、まだ乾いてないモルタルを…。 奥様:踏んでね、がーって(笑) 旦那様:めっちゃスローモーションでしたもんね。踏んだ瞬間に、はぁっ!ダン、ダン、ダン、ダン、ダンみたいな感じで(笑) 奥様:ほんでYさんが「僕コテ持ってますよ」って。 旦那様:それも印象的です。なんでコテ持ってるんですか。かばんから出して。内装業者さん、みんなこうなんやって思いました(笑) Y:かばんにコテ入ってるの、多分僕ぐらい。たまたまあの時は。 旦那様:業者さんも怒らずにずっと見てくれてはったのが印象的ですよね。 奥様:みんなが囲ってるところを写真撮ったのを覚えてます。 H:私も動画も撮っちゃいました。 旦那様:動画持ってはるんですか。 H:あ、送りますね! 旦那様:送ってください。ストーリーに上げようかな(笑) ――オープン後のお客様の反応 旦那様:皆さんおしゃれって言ってくださってますね、本当に。 奥様:おしゃれ過ぎて緊張するわとか言ってくれはった方もいたり。 旦那様:本当に綺麗とかすごく良いお声をいただいています。どこで頼んだの?とか、内装の人がいろいろして言うてくれたの?とか、そういう風に結構言ってくださったりして。テナント工房さんです!って答えてます。 Y:家具のセンスもいいし。 H:かわいい。チェアの色もかわいい。 奥様:結構途中らへん迷走しましたけど。最初カット席の間のパーテーションもどうしようかなってなったんですけど、これも快く上の垂れ壁も快諾してくださったし。今までのお客さんとかでも、ちょっとした衝立や、個室が結構今活きてて。子どもさんとかちょっと待っていただくときとかもすごい活きていて。前までオープンスペースの中にある美容室で、斜め前のお客さんが目に入って、会話を控えていた方でも、ここ来たらめっちゃ喋りはるなとかっていうのがあったので、すごいよかった点やなって思っています。 旦那様:最初にテナント工房さんから提案いただいた、棚とスライドのドアのパーテンション、あれもやりたかったんですけどね~。ああいう造作もしはるんですか? Y:そうですね、図面描かせて貰って、家具屋さんに依頼してます。 旦那様:あれいつかやりたいですね。本当にお客さまからはいいお声をいただいてます。 ――今後の展望とお店のPR 奥様:さっきも言ったみたいに、美容室ちょっと苦手っていうお客様とかも、衝立があるので、そういう面では利用してもらいやすいかなとは思いますね。あとは、マンツーマン的な感じでもあるので、他のスタッフが大勢いて…とかいう中ではないので、アットホームな感じでご利用していただけるんじゃないかなとは思っています。 Y:言ってはったみたいに、僕もお客さんとして髪を切りに行くときも、周りの方がいたらちょっと喋りにくいなとか、声のボリューム下げたりとか、あんまり自分の気持ちというか、こうしたいねんっていうのを伝えられないときとかあるなって思って、そういう面ではめっちゃいいですよね。 H:美容師さんとのだけの空間って感じするから、安心します。 旦那様:営業をさせてもらっている中でも、結構まったりした時間を過ごしていただける感じなので、本当にくつろいでいただけたらなっていう思いです。自分たちとしては、ここに来てよかった、ここに出会えてよかったと思っていただけるような仕事をさせていただけたらなって。それで日々コツコツさせていただく感じなので。今後の展望というと、大きく展開してとかという風にも思ってないですし、来ていただいた方にしっかり満足していただけるような仕事ができればなと思っています。 ※本対談に記載の内容は取材当時のものです。(2024年5月) テナント工房 施工事例『LiLy.hair』様個性的なインテリアが詰まった深みのある美容室施工面積:約54㎡/約16.3坪   専門家が解決!テナント工房のお店づくり無料相談会初めての店舗開業。店舗デザイン・コンセプト・資金調達・物件探し…。わからないことがたくさん。そんなお悩み、これまで数々のお店づくりをサポートしてきたお店づくりのプロである、弊社プランナーと建築士が開業・改装の不安やお悩みを一緒に解決いたします! .pic_frame_blog { display: none; } .type-blog p { margin-bottom: 1.5rem; } .pg.blog table { width: 100%; margin: 1rem auto; } .type-blog th { background: #eee; } .type-blog th, .type-blog td { border: solid 1px; box-sizing: border-box; padding: 10px; } .type-blog .pg_inner ul { border: solid 1px; box-sizing: border-box; padding: 1rem 1rem 1rem 2rem; margin: 1rem auto; } .type-blog .pg_inner ul li { display: list-item; } /* ブログカード */ .blog_card { box-sizing: border-box; border: solid 1px #999; padding: 10px; } .blog_card a { display: flex; justify-content: space-between; align-items: center; text-decoration: none; color: #000; } .blog_card img { width: 30%; } .blog_card p { width: 67%; box-sizing: border-box; margin: 0 auto; } .blog_card p span { font-weight: bold; } @media screen and (max-width: 767px) { .blog_card a { flex-direction: column; } .blog_card img { width: 100%; margin-bottom: 1rem; } .blog_card p { width: 100%; } }

  • Episode.26 Bear’s Cafe 様

    大阪府茨木市にオープンした「Bear’s Cafe」 様。長年、色々なお店でキャリアを築きながら持ち続けてきた夢をこの度実現されました。開業のキッカケや弊社を選んでいただいた理由、今後の展望などを詳しく伺いました。 ――開業のきっかけ お客様:きっかけは、もうずっと飲食に携わってきてたので、いずれ自分のお店持ちたいなって思ったとこからですね。自宅でちょっとお友達呼んでパーティーみたいな感じで、お料理も作ってたりしたので。それでやっぱりお店持った方がいいよって、ちょっと勧められたのと、夢でもあったので、それでお店作ろうかなっていうきっかけですね。 営業O(以下O):元々ホテルとかでしたっけ?? お客様:じゃなくて、普通の企業の中で…。最初は銀行さんの寮のお食事から始まって、その後はレストランのコース料理、あとはサンマルクでパートをしながらの、そこもコースなので、そういう様なもの。そこでけっこう15年間とか働いたので、コース料理はいろいろやってますし、お料理に関しても立食パーティーも今まであったので、それも含めて勉強しつつ身に付けた感じですね。 O:和洋折衷、なんでもできるっていう強み。すごいですよね。 お客様:いえいえいえ。そんなことないです。 O:カフェでもあり、カフェレストランっていうような感じで、食事を楽しんでもらえるんですね。 お客様:そうですね、言えば食事の方が多いですかね。 取材はBear’s Cafe様におじゃましました! ――問い合わせのキッカケと決めた理由 お客様:ホームページで人気なお店っていうか、写真とかも添えてある、ページを全部見たんですよ。けっこう好きな感じのお店を作ってはるなと思って、それを参考にディレクターさんに依頼したら、結局高く見積もられてしまったので…。それをキャンセルして、テナント工房さんにお願いしたわけです。 O:2社ぐらい、見積り取られてたんでしたっけ? お客様:1社はそのディレクターさんで、もう1社も高くて。1000万以上だったんですよ。それはないわと思って、すぐキャンセル。ここのレイアウトも作ってくれてたんですけど、でもさすがにないなーと思って。それでもう一回検索し直して、ホームページを見て、今まで作った実績の写真を見たら、なんかいい感じと思って。で、テナント工房に決めました。 O:ありがとうございます。 ――開業まで不安だったこと お客様:開業までの不安…IT系ですよね。これが不安でしたね。やっぱり機械系弱いので。ここのお店作る分の設計とかは、もう大丈夫かなと思って。 O:事前に打ち合わせされてましたもんね。 お客様:自分の思い通りのお店はお願いしようと思ってて。そこそこ値段も抑えてっていうのは考えてましたけど、内装工事に関してはそんなに不安はなかったですね。 O:問い合わせ頂く前は、もう物件の契約が決まってて。で、支払いもしなきゃいけないのにっていうところで、まだ工事系会社が決まってないみたいなところからでしたよね。 お客様:そう、だから早く探さないとって思いつつ、でも場所はここがもう、良いって決めてたんで。 ――担当者の印象 O:私の印象ですね。 お客様:もう感謝ですよ。Oさんには。 O:ありがとうございます。 お客様:感謝しております。ほんとに女性の方で、めっちゃなんかやりやすいっていうか、男性でも大丈夫だと思うんですけど、話しやすいっていうか、けっこう密にやっていただいたので、すごく助かりました。パッパとやってもらったので。 O:ありがとうございます。オープンまで期間が迫ってましたもんね。1か月ぐらいでキュッとしました(笑) お客様:キュッとやっていただいて、ほんまに助かりました。 O:お客様のバイト先まで行って、打ち合わせしましたよね お客様:そうそう、バイト先で打ち合わせしましたもんね。バイト先のみんなに辞めることを言ってなかったら、バレないように、バレないようにって(笑) ――Oからお客様への印象 O:カフェやられる人って、料理っていうよりも、接客とかおもてなしみたいなところの方が、今までのクライアントさんは多かったんですよ。しっかり料理を学ばれててとかいうのって、またちょっと違うカフェができあがるんだろうなとは、すごい料理も楽しみにしながらお店を造ってました。 お客様:そうなんですね、みんな、できてから勉強しはるんかな。 O:メニューもそんなに決めてなかったりとかしますよ。できてから考えようみたいな。なんか構想はあるんですよね。 お客様:私はこういう料理を出したい雰囲気のお店にしてください、ですもんね。 O:そう、始めからそれがあって。しっかり内装のイメージも決まってたのですごいやりやすかったです。 お客様:イメージ通り作っていただいて、ほんまにありがたいです。めっちゃ褒められるんですよ。素敵って。 O:嬉しいですね!ちょうど昨日、弊社への問い合わせの電話があって。Bear’s Cafeを見て…こんな感じにしたいなって。 お客様:ほんとですか!めっちゃこだわりが詰まってるって、お客さんに言われたんですよ。椅子とか、シンプルなキレイ目とか。でも全然男性でも入ってきますよ。男性の常連さんもいますし。 O:料理のファンなんだろうな。 お客様:お料理を出した時に「わあ」って言ってもらうがためにやっているので。 O:お花とかあって、かわいいですよね。 お客様:そう、今はカウンターにも置いてあるお花を添えてます。 O:良い。素敵! お客様:今までカスミソウやったんですけど。こういうちょっとしたことがね。 O:そういう印象。だから料理のプロっていう印象がすごい強かったです。 ――良かった提案 O:内装するにあたってのご提案で何かありましたか? お客様:それは、この設置場所。厨房機器とかレイアウトとか、もう私では分からないので。 O:初め、トイレの位置が今の位置と違ったんですよね。こっち側だったんだよね。 お客様:だから、どんなのがいいんだろうって思いながらも、お任せで。私には仕上がりが分からなくて、図面上では分からないので、だからもうOさんにお任せして良かったなと思って。私が1段高く厨房を作りたいっていうのだけは、お伝えしてたので。あとは、ロゴ関係、ロゴここ入れてくださいっていうのだけはお願いして。 O:ロゴもすごいかわいい。初めもうちょっと可愛いらしかったんだけど、もう少し大人っぽい方がいいよって、変えてもらって。 お客様:これが有名になるんちゃう?ってね(笑) O:ほんとかわいい! お客様:かわいいです。だからけっこうロゴも写真撮ってもらってますよ。なんかいろんな所、撮られますね。お客さんに。 ――うまくいかなかったこと お客様:やっぱり、Wi-Fiとかそっち系かな。そういうネットワーク系の契約が、もう初めてなので不安でしたね。あとレジ関係ですよね。PayPayが使えなかったりとか。それは私が手続きをミスしてしまって、登録できてなかった。やっと今全部できるようになったんですけど。 O:工事的なところで、ちょっと不安だったのはあれですよね。天井をスケルトンにしちゃったので、音とか匂いとか大丈夫かなって。 お客様:全然。これがいいってお客さんに言われるんです。天井高いから空間がいいって、お客さんには言われますね。 O:良かった。スケルトンにするのにもお金かかってますしね。 お客様:天井貼ってたら、もう圧迫感がね…。 O:匂いも大丈夫でしたか? お客様:全然、全然匂いはないですよ。 O:充満しない感じですか。それは良かったです! ――印象に残っているエピソード お客様:エピソードですか…。そんなありましたっけ? O:エアコン室外機、置くのにけっこう大変になったぐらい?オーナーさんの敷地の所に置かないといけないから…。隣のマンションからちょっと出入りさせてもらって、網をねじで外してみたいな。 お客様:電気屋さん入ってもらってね。あれがちょっと大変でしたね。 O:大変でしたね。ちょっと狭かったですね、ここの区画が…。それぐらいですかね。 お客様:それぐらいですよね。エアコンは1台で済んだし、効きも全然大丈夫なんですけど。 O:けっこう効いてますよね。冬がちょっとまだ分かんないですけど。 お客様:意外に寒いんですよ。私、じっと1人でいると寒いから、上着着ますもん、ここにいると。夏場どうか分かんないですけどね。春先は寒かったです。1人の場合はね。 O:窓の所も最終、シートを貼ったりとかしてますよね。その辺とかも追加で、後でやって。でもすんなりいきましたもんね、工事は。 お客様:すんなりいきました。あとガスが、接続がちゃんとできてなかったというか、機器が付かなかったんで、もう一回入ってもらってってぐらいですね。 O:オープンまで、時間が何週間かありましたもんね。 お客様:そうです、時間あったので大丈夫です。なんせ、この買った椅子も届くのが遅かったのでね。 O:そうだ、椅子が遅かったんですよね。海外から取り寄せてたから。それがギリギリだったかな。 お客様:でも今回めっちゃ早く来ましたよ。このピンクの椅子とテーブル1個頼んだんですけど、すぐ来ました。2、3日で。 O:早っ。補助金の申請とか、その辺とかも特に問題なく? お客様:うん、問題なくスムーズに。 ――オープン後のお客様の反応 お客様:もうめっちゃ喜んでらっしゃいます。 O:うれしいですね! お客様:うれしいです。 O:予約があんなにね!予約入れて来るんだと思って。 お客様:娘もオープンして1か月で予約は入れないよって。とりあえず行ってみようかなって、急に来るよって。でもめっちゃメニューは通りがかりで見られるんですよ。見られるんですけど、でも最近は予約が多いです。昨日なんかも、予約3件だったんですけど、一般の人もめっちゃ入ってきて。で、デザート系もカフェ系もめっちゃオーダー入ってきて、ずっと夜まで。昨日夜のディナー営業もあって。いつもの常連さんなんですけど、その方。だから8時近くまで店にいましたね、昨日。 O:大変、すごい! お客様:1人でやってんの?って言われます。だってもう10食作りましからね、あのお膳を。 O:ほんとですよね。今までそういうのやってたから出来てるんですよね。 お客様:良くやってるねって言われて。 O:娘さんの旦那さんが料理人でしたっけ?手伝いに来られたりあるんですか? お客様:あの子はまた違うジャンルなんで。細かい盛り付けとかは、ちょっと苦手かもしれない(笑) O:でも1人で大変ですよね。 お客様:ですね。その合間にカフェも入ってくるので。フレンチトーストとか、クレープとかも入ってくるから、それも焼きつつ。「すいません、ちょっとお待ちくださいね」っていつも言います。「あ、全然いいよ、話してるからいいよ」って言ってくれる。だから順番に出してます。オーダーの時、御膳とカフェのメインが変わるメニュー両方って頼まれる方が多くて。これとこれが1個ずつって言われるから、余計に時間かかってしまうんです。 O:なるほど、どっちかにしていただいたら、同じものまとめて作れますもんね。 お客様:両方見たいから、これどっちもとか、御前2種類とか、それぞれ頼まれるんです、2人組の大人は。工程が違うから時間かかりますよね。まあでも楽しいです。出した時の反応が良いから。 O:うれしいですね。 お客様:デザートも出した時の「わあ」っていうのが。それのためにがんばれます。 O:すばらしい。 お客様:いやいや。もうそれだけを求めて(笑) O:ほんと良かったですね、思い切って。娘さんが推してくれて、やったらいいんじゃないって言って。 お客様:そうそう、でも周りにはびっくりされますわ。その年で店始めるん、みたいな。行動がすごいねって言われる。 O:でも、今までやってきた集大成みたいな、そんな意味ですよね。 お客様:ほんとに。でも、1人楽ですね、めっちゃ。だって自由ですもん。何しても、メニューも自由だし。値段付けるのも自由だし。 O:人間関係もね。 お客様:そう、人間関係もないし。バイト先で店長によく世間話で相談されてたから(笑) O:分かる。なんか相談したくなれちゃう雰囲気が、オーラが出てる。 お客様:そんなことない、そんなことない(笑) まぁそういうのもないし、ほんまに気楽です。最初は、オープンの時は、娘たちとか、娘の旦那とか手伝ってもらったり。でももうやりにくい(笑) O:そうなんですか。 お客様:動けないから(笑)1人の方がめっちゃ楽、と思いました(笑) ――今後の展望とお店のPR お客様:見た目が…おいしそうとか、お客さんの反応を求めたいですね。出した時の反応を。だから、あんまり安い物は使いたくないんですよ。値段もそこそこじゃないですか、1800円って。 O:たしかにけっこうランチではいい値段。 お客様:相場的にはね。でも、出すと「ああ」って思われて。で、食べたら「おいしかったよ」って言われて、良かったと思って。で、この値段ですみたいな。デザートもこだわりがあってね。毎回同じ商品を出したいっていうか、日によって違うんじゃなくて、いつも一緒よみたいな、既製品みたいな感じで出してるんですよ。作った?みたいな感じの仕上げにしてますね。 O:前パンナコッタ食べたんだっけな。 お客様:パンナコッタ今日も作りましたよ、リンゴゼリーとヨーグルトのパンナコッタ。あとバニラアイスが食べたいってお客さんいたから、バニラアイス増やして。 O:取り入れたんですね!なんか今後こうしたいとか。お客さんの喜ぶ顔が見たいとかありますか? お客様:毎日忙しくなったらいいかな。 O:もっと忙しい方がいいんですか。 お客様:うん、もっと忙しい方がいいです(笑) O:じゃあもっとお客さんに来てもらって。 お客様:夜がやっぱり、このオードブルとかなんで、なんかもっとおしゃれな居酒屋的な一品料理とかも出したいなとは、ちょっと思ってて。やっぱオードブルやから出えへんのかなぁ、一品だと頼みやすいんかなと思って。おしゃれな居酒屋みたいな感じで。ちょっとだけカフェバー的な。今は様子見てるとこで。まだオープンして1か月なんで。もうちょっと落ち着いたらやろうかなとか思ってますね。気軽に来てほしいというか、そんな感じで。あとはちょっと、やっぱり場所が分かりにくいから…。でも今やっと、インスタとかでけっこう認知されるようになってきたので。 O:娘さんがやってくれてるんですか?インスタ。 お客様:いや、私がやります。自分で上げてます。 O:インスタ大事ですよね。 お客様:インスタ大事なんですよ。やっぱり投稿しないと、お客さん見ないんで。娘はストーリーとかよく上げてくれるんですけど、ストーリーはおばちゃん見ないんですよ(笑) おばちゃんはストーリー見なくて、投稿を上げてくれたら見てくれる。で、いいねをけっこう付けてくれる。そのためにインスタを投稿してます、毎回。 O:ほかに言いたいこと、アピールとか…一押しの料理とか。季節によって変わるんですか? お客様:中身は若干変わってくるんですよ。もうそろそろ、この辺変えようかなと思ってて。 O:そういうメニューとかって、どうやって決めるんですか? お客様:それは…見栄え。赤、黄、緑は必ず入れる。 O:見栄えが大事なんですね!味もそうですけど。 お客様:そう、まずは見た目。まず出した時の見た目。まず第一。その次が味ですね、だけです。このカツオのたたきなんですけど、これもちゃんとミョウガも添えての、もみじおろしもちゃんと添えて…っていうことですね。溶けちゃったら臭いから、ちょっとシャリっと感で出してるんですよ。半解凍ぐらいの感じで。その方がおいしいので。夜もね、ちょい飲みができるように…。 O:楽しみ! ※本対談に記載の内容は取材当時のものです。(2024年5月) テナント工房 施工事例『Bear’s Cafe』様美味しくて、愉しいカフェレストラン施工面積:約28.66㎡/約9.17坪   専門家が解決!テナント工房のお店づくり無料相談会初めての店舗開業。店舗デザイン・コンセプト・資金調達・物件探し…。わからないことがたくさん。そんなお悩み、これまで数々のお店づくりをサポートしてきたお店づくりのプロである、弊社プランナーと建築士が開業・改装の不安やお悩みを一緒に解決いたします! .pic_frame_blog { display: none; } .type-blog p { margin-bottom: 1.5rem; } .pg.blog table { width: 100%; margin: 1rem auto; } .type-blog th { background: #eee; } .type-blog th, .type-blog td { border: solid 1px; box-sizing: border-box; padding: 10px; } .type-blog .pg_inner ul { border: solid 1px; box-sizing: border-box; padding: 1rem 1rem 1rem 2rem; margin: 1rem auto; } .type-blog .pg_inner ul li { display: list-item; } /* ブログカード */ .blog_card { box-sizing: border-box; border: solid 1px #999; padding: 10px; } .blog_card a { display: flex; justify-content: space-between; align-items: center; text-decoration: none; color: #000; } .blog_card img { width: 30%; } .blog_card p { width: 67%; box-sizing: border-box; margin: 0 auto; } .blog_card p span { font-weight: bold; } @media screen and (max-width: 767px) { .blog_card a { flex-direction: column; } .blog_card img { width: 100%; margin-bottom: 1rem; } .blog_card p { width: 100%; } }

選ばれる理由Concept

1

ローコストを実現

1.ローコスト

テナント工房が一括で請け負うため、各々の諸費用が抑えられます。

2

ワンストップでサポート

2.ワンストップ

開業準備から店舗設計施工・アフターメンテナンスまで、 すべてテナント工房がサポートいたします。

3

地域密着

3.地域密着

近いからこそ、急なトラブルにもスピーディに対応いたします。

完成までの流れFlow

1.無料相談

1.無料相談

詳しくヒアリングをいたします

2.プラン提案・見積

2.プラン提案・御見積

ヒアリングを元にプランをご提案します

3.お申込み

3.お申込み

十分にご納得いただきご契約となります

4.店舗施工

4.店舗施工

お引き渡しまでしっかり工事を進めます

5.アフターメンテナンス

5.アフターメンテナンス

開業後もスピーディに対応します

スタッフ紹介Staff

対応エリアArea

滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県
※そのほかの都道府県でも可能なご対応可能な地域もございますので、ご相談ください。

補助金についてSubsidy

テナント工房では、融資・補助金のご相談を承っております。
お店を開業するには資金が必要ですが、必ずしもすべて自己資金である必要はなく、融資や補助金を活用することも可能です。
どのように融資の申請を進めていけばよいのか、お店づくりにはどのような補助金が使えるのか、 お客様のご状況を伺いながらアドバイスをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。 補助金・融資情報はこちら

よくあるご質問FAQ

不動産会社と連携し、適切なテナント物件をご紹介いたします。
物件探しから内覧同行、現地調査も行いますのでご安心ください。

可能でございます。弊社は元々住宅リフォームの会社のため、住宅に関する知識も豊富です。
自宅を改装してサロンにするなど、店舗兼住宅をしたいといったご要望にもお答えすることが可能です。

事業計画書の作成サポートや融資相談、税金・相続相談など開業準備からお手伝いしております。
その他専門業者のご紹介もしておりますので、不安なことはまずご相談ください。

現場調査、ラフプラン作成、イメージ写真など初回のご提案には費用はかかりません。
それ以降の詳細デザイン設計のプランニングから費用が発生します。ご相談時に詳しくご説明いたします。

アフターメンテナンスは、弊社が特に得意としている部分でございます。
お店が完成してからがお客様との本当のお付き合いのはじまりだと考え、お店に何かあったときにはすぐに駆けつけるスピーディな対応を心がけております。

ご予算やご要望をお伺いして予算内で最良のプランをご提案します。
条件によっては難しい場合もあります。必要であれば融資や資金繰りのご相談も承ります。

もちろんです。
弊社はデザイン設計から施工まで一貫して行う「ワンストップサービス」を強みとしているため、お客様の窓口は「テナント工房」のみ。
何かあったときにもテナント工房にお申し付け頂ければご対応いたしますので、スムーズに工事を進めることが可能です。