京都市 日本料理 藤井様

さりげない特別感はまさに枯淡の境地です。

京都のにぎやかな街から少し離れた、銀閣寺や哲学の道の近くに開店された日本料理店です。
一戸建ての古民家の佇まいをそのままに、漆喰に反射する柔らかい光が印象的なお店です。

店内は漆喰を中心とした白塗装と、職人が何度も手をかける“洗い出し”で仕上げ、お席に案内される道中までもが洗練された空間になっています。
また個室や 現実的な空間である御手洗いの壁には和紙を使用するなど、どこにいても特別感があります。

それでありながら全てはさりげなく、質実として、枯淡の境地です。
店主がふるまわれるお料理にふさわしい空間となりました。

担当者より一言

この度は、テナント工房に店舗新装工事をお任せいただき、誠にありがとうございました。
“素材にこだわり、手をかけ、心をこめて仕上げる”。
施主様がふるまわれるお料理と通ずるものを感じました。
これからますますのご繁盛を祈念しております。